kencow@政治&ニュース

政治、主に青山繁晴議員や日本の尊厳と国益を護る会(略称護る会)を応援。 令和改元と同時にTwitter、ブログ、youtube始動。2020年5月5日よりpixiv始動。

カテゴリ: 歴史・文化

いやー3月にご縁があって広島に行ったんですよ。
遠方に行ったらついでに周囲の城を調べるんですが、それはそれとてまずは原爆資料館へ…。
と、思ったら入場制限でした。
kencow005
車に乗り周囲の城を調べたら「お、広島城近い!!」

KIMG1033
道に迷いながら周囲を走ると「お、お堀が」
KIMG1034

公園を抜けて・・・
KIMG1036

ドーーーン
KIMG1039
KIMG1042

で、広島城も入場できませんでした^0^;;;

武漢ウィルスが収束したらお城巡りしたい…!

 チャンネル登録しなくていいから見てね

ご縁があって犬山城に行く事が出来ました。
まだ武漢ウィルス騒動が来ると思っていなかったころでした。

KIMG0802

いやー駐車場に入るのも大変でした。

2020.03.28 犬山城01

トコトコ歩いていくだけでもきもちいい。
所々看板があり、一個一個読みこんでしまう。
KIMG0792

KIMG0793

KIMG0794

KIMG0796

KIMG0798

KIMG0799

KIMG0800

KIMG0801

KIMG0803

石垣がたまらんです^0^
KIMG0807
見えてきた…!

KIMG0808

KIMG0809
時代を感じる。

KIMG0810
むしろ苔むしてる所がオツである。

KIMG0811

KIMG0812

2020.03.28 犬山城02
きたきた。

KIMG0823

KIMG0825

KIMG0827

撮影許可を得て中へ!!

KIMG0828

KIMG0831

KIMG0837

KIMG0841

KIMG0845

KIMG0855

KIMG0856

KIMG0857
床一つとっても味わいがありますなぁ。

KIMG0862

KIMG0863
模型もありました。

そして本番の天守閣。

KIMG0882

KIMG0883

絶景です!!それもそのはず。

KIMG0877

KIMG0876

手すりがめっちゃ低い!!
これ、昔の人は怖くなかったの??

KIMG0890

景色いいけど、惹かれると飛びそうです(笑)。

KIMG0888

今回は写真撮るの忘れたけど犬山はグルメも美味かった。
イラスト3

 ★チャンネル登録しなくていいから見てね★ 

  年末年始にご縁があって掛川城に行きました。
掛川は静岡県のお茶が有名な場所ですね。

城の近くの駐車場に停め近くの川沿いを歩きましたが城の周囲も古い町並みを保っています。
KIMG0404
KIMG0406
天気悪いのが残念^0^;
そして城の方向に向かうと徐々にタイムスリップしていきます。
KIMG0407
KIMG0408

標識に従って進む。
KIMG0410
KIMG0412
KIMG0413

便利なMAPもありました^0^
KIMG0415

本丸が近づくと徐々に視界が拓けていきます。
KIMG0419

KIMG0426
昇るだけで息が上がりました^0^;

撮影許可を得て中へ。
KIMG0441


KIMG0437

鯱もある^0^
KIMG0449

そして天守閣からの景色。
KIMG0453

KIMG0454

KIMG0458

貴重な資料も展示在りました。
KIMG0463

KIMG0509

魅入られているうちに2時間位経っていました^0^;;
歴史を感じる掛川城はオススメです!
KIMG0542

 チャンネル登録しなくていいので見てね★

中津城とも縁が深い小倉城にも伺いました。

2019.12.31 小倉001
何ともわびさびを感じる風景ではありませんか。

2019.12.31 小倉002
じつはこれはキリトリ報道です。

2019.12.31 小倉003
周囲はビルばかりです。

2019.12.31 小倉004
う~ん中津城と違って海外目線を重視した看板。

2019.12.31 小倉005
料金はこんな感じ。

2019.12.31 小倉006
宮本武蔵と佐々木小次郎も展示されてました。

2019.12.31 小倉007
日本語・英語・中国語・ハングルと4か国語表記。

2019.12.31 小倉008
小倉城は昭和34年に鉄筋コンクリートで再建されたもののようですね。
ありがとう

展示物などについては公式HPをご覧ください。

小倉城公式HP
https://www.kokura-castle.jp/

例によって中は撮影禁止なので展示については感想のみ。

中津城のしぶさと比べるとちょっとミーハーな感じがありましたが、小倉駅近くと交通が便利なのもあり多くの人が入っていました。
海外の方も多かったので外語看板を出している意義は大きそうです。
すごい

展示物の文章などは1つ1つ読み込むタイプなので、4か国語表記だと文章量が1/4になってしまい、多少味気なかったです。
海外の方に日本文化の素晴らしさを知って欲しい面もあるので難しいですね。
宮本武蔵と佐々木小次郎について多くのスペースを割いていました。

個人的には場内にエレベーターがあるのは違和感がありました。

また、写真は撮り忘れましたが夜景に浮かぶ小倉城は綺麗でした。

 チャンネル登録お願いします

「あいちトリエンナーレ」や「北海道・表現の自由と不自由展」など、公的催事への反日浸食が問題となった2019年。
国の文化財等へも反日プロバガンダが危ぶまれると聞きます。
イラスト4

実際に自分の目で見てみようという事で、ご縁があった中津城を確認してみました。

2019.12.31 中津004
閉館直前に到着。

2019.12.31 中津001
堀からせり出したところに建築されているのは侵入を防ぐためらしいです。

2019.12.31 中津002
薬研の形をした車輪が堀に沈められていました。

2019.12.31 中津003
中津駅から車で10分位でした。

2019.12.31 中津005
蘭学の発展に貢献したとの事。

2019.12.31 中津006
館内は撮影禁止だったので写真ありませんが鎧兜などが展示されていました。

2019.12.31 中津007
武士の鑑。

2019.12.31 中津008
福沢諭吉の故郷でもあります。

2019.12.31 中津009
いい風景でした。
2019.12.31 中津010

2019.12.31 中津011
中津城の前は中世の館があったそうです。

2019.12.31 中津012
日本歯科医師第一号は中津で誕生したんですね。

2019.12.31 中津013
中庭には池もあり。

2019.12.31 中津014
池は細川忠利(三斎)が用水不足を補うために作ったんですね。

城内は撮影禁止でしたがHPに展示物の写真があります。

中津城公式HP
http://www.nakatsujyo.jp/display.html

HPには槍、羽織、法螺貝が記載されていますが、個人的にはつづらが見物だと思いました。
また、この中津城は1万円以上で城主になれます。
イラスト3
中津城 初代城主(賛助会員)募集プロジェクト概要
http://www.nakatsujyo.jp/jyosyu.html

100万円、10万円、5万円、1万円に応じて入館無料等の特典があるようです。
余裕がある方はいかがでしょうか!
(私は中津城の回し者ではありません)

名古屋城を原型復元するか、バリアフリーにするかといった議論がありますが、中津城はエレベーターはありませんでしたが鉄骨造りでした。

個人的には彦根城の様に当時に近い形の方が、階段の急さや狭さから当時の環境を感じられて満足感がありました。
いずれにせよ中津城の運営の皆様におかれましては、貴重な建物を維持管理して頂いて感謝です。
イラスト
 チャンネル登録お願いします

↑このページのトップヘ