kencow@政治&ニュース

政治、主に青山繁晴議員や日本の尊厳と国益を護る会(略称護る会)を応援。 令和改元と同時にTwitter、ブログ、youtube始動。 〇youtube https://www.youtube.com/channel/UCEQiUv0Z0024_2MRoUl-YNg 〇Twitter @kencowCom 〇kencowのイラストについて イラストデータは著作権フリーではありません。 無断利用はご遠慮ください。 似顔絵当人についてはご本人から問い合わせがあったら何らかのご対応をしたいと思いますのでご連絡ください。 〇書き起こし文章について 批評の為に、またキリトリにならない為に主に動画テキスト全文を書き起こしする事がありますが、ご連絡が難しい方の発言については無断で記載している場合がございます。 当方は著作人のご意向を大切にしたいと考えています。 当ブログを確認し、削除等のご要望がある場合は送信フォームからお寄せ頂けますと幸いです。

カテゴリ: 歴史・文化

  年末年始にご縁があって掛川城に行きました。
掛川は静岡県のお茶が有名な場所ですね。

城の近くの駐車場に停め近くの川沿いを歩きましたが城の周囲も古い町並みを保っています。
KIMG0404
KIMG0406
天気悪いのが残念^0^;
そして城の方向に向かうと徐々にタイムスリップしていきます。
KIMG0407
KIMG0408

標識に従って進む。
KIMG0410
KIMG0412
KIMG0413

便利なMAPもありました^0^
KIMG0415

本丸が近づくと徐々に視界が拓けていきます。
KIMG0419

KIMG0426
昇るだけで息が上がりました^0^;

撮影許可を得て中へ。
KIMG0441


KIMG0437

鯱もある^0^
KIMG0449

そして天守閣からの景色。
KIMG0453

KIMG0454

KIMG0458

貴重な資料も展示在りました。
KIMG0463

KIMG0509

魅入られているうちに2時間位経っていました^0^;;
歴史を感じる掛川城はオススメです!
KIMG0542

 チャンネル登録しなくていいので見てね★

中津城とも縁が深い小倉城にも伺いました。

2019.12.31 小倉001
何ともわびさびを感じる風景ではありませんか。

2019.12.31 小倉002
じつはこれはキリトリ報道です。

2019.12.31 小倉003
周囲はビルばかりです。

2019.12.31 小倉004
う~ん中津城と違って海外目線を重視した看板。

2019.12.31 小倉005
料金はこんな感じ。

2019.12.31 小倉006
宮本武蔵と佐々木小次郎も展示されてました。

2019.12.31 小倉007
日本語・英語・中国語・ハングルと4か国語表記。

2019.12.31 小倉008
小倉城は昭和34年に鉄筋コンクリートで再建されたもののようですね。
ありがとう

展示物などについては公式HPをご覧ください。

小倉城公式HP
https://www.kokura-castle.jp/

例によって中は撮影禁止なので展示については感想のみ。

中津城のしぶさと比べるとちょっとミーハーな感じがありましたが、小倉駅近くと交通が便利なのもあり多くの人が入っていました。
海外の方も多かったので外語看板を出している意義は大きそうです。
すごい

展示物の文章などは1つ1つ読み込むタイプなので、4か国語表記だと文章量が1/4になってしまい、多少味気なかったです。
海外の方に日本文化の素晴らしさを知って欲しい面もあるので難しいですね。
宮本武蔵と佐々木小次郎について多くのスペースを割いていました。

個人的には場内にエレベーターがあるのは違和感がありました。

また、写真は撮り忘れましたが夜景に浮かぶ小倉城は綺麗でした。

 チャンネル登録お願いします

「あいちトリエンナーレ」や「北海道・表現の自由と不自由展」など、公的催事への反日浸食が問題となった2019年。
国の文化財等へも反日プロバガンダが危ぶまれると聞きます。
イラスト4

実際に自分の目で見てみようという事で、ご縁があった中津城を確認してみました。

2019.12.31 中津004
閉館直前に到着。

2019.12.31 中津001
堀からせり出したところに建築されているのは侵入を防ぐためらしいです。

2019.12.31 中津002
薬研の形をした車輪が堀に沈められていました。

2019.12.31 中津003
中津駅から車で10分位でした。

2019.12.31 中津005
蘭学の発展に貢献したとの事。

2019.12.31 中津006
館内は撮影禁止だったので写真ありませんが鎧兜などが展示されていました。

2019.12.31 中津007
武士の鑑。

2019.12.31 中津008
福沢諭吉の故郷でもあります。

2019.12.31 中津009
いい風景でした。
2019.12.31 中津010

2019.12.31 中津011
中津城の前は中世の館があったそうです。

2019.12.31 中津012
日本歯科医師第一号は中津で誕生したんですね。

2019.12.31 中津013
中庭には池もあり。

2019.12.31 中津014
池は細川忠利(三斎)が用水不足を補うために作ったんですね。

城内は撮影禁止でしたがHPに展示物の写真があります。

中津城公式HP
http://www.nakatsujyo.jp/display.html

HPには槍、羽織、法螺貝が記載されていますが、個人的にはつづらが見物だと思いました。
また、この中津城は1万円以上で城主になれます。
イラスト3
中津城 初代城主(賛助会員)募集プロジェクト概要
http://www.nakatsujyo.jp/jyosyu.html

100万円、10万円、5万円、1万円に応じて入館無料等の特典があるようです。
余裕がある方はいかがでしょうか!
(私は中津城の回し者ではありません)

名古屋城を原型復元するか、バリアフリーにするかといった議論がありますが、中津城はエレベーターはありませんでしたが鉄骨造りでした。

個人的には彦根城の様に当時に近い形の方が、階段の急さや狭さから当時の環境を感じられて満足感がありました。
いずれにせよ中津城の運営の皆様におかれましては、貴重な建物を維持管理して頂いて感謝です。
イラスト
 チャンネル登録お願いします

虎ノ門ニュースで竹田恒泰先生が伊勢神宮に参拝に行くべき!と言っていたと思います。

078_01_竹田恒泰

伊勢神宮は外宮と内宮があり、それぞれの写真を撮ってましたのでご紹介します。

外宮は伊勢駅から歩いてこれます。JRでも近鉄でも同じ場所です。
2019.10.21 伊勢神宮外宮01

こんな感じの鳥居をくぐったり

2019.10.21 伊勢神宮外宮02

美しい景色があります。飲食店もあります。

2019.10.21 伊勢神宮外宮03

ここ美味かった。あとマイナーですが、
2019.10.21 伊勢神宮外宮04

ここで普通に豆腐買いました。

そして有名な内宮は伊勢駅からバスか、車で行けます。

2019.10.21 伊勢神宮04

駐車場こんな感じ。
2019.10.21 伊勢神宮
有名なおかげ横丁。

下記は平日の写真ですが結構な人です。
2019.10.21 伊勢神宮内宮02

有名な赤福
2019.10.21 伊勢神宮内宮01

僕は式年遷宮の時にここで食べました。
2019.10.21 伊勢神宮内宮03

当時皇太子の天皇陛下をお寿司を食べながら拝見できました。
2019.10.21 伊勢神宮内宮04

中はこんな感じ。
2019.10.21 伊勢神宮内宮05

残ってたのが人の顔が映ってる写真ばかりであまり紹介できませんでしたが、
伊勢神宮に是非行きましょう!!

チャンネル登録お願いします

いよいよ10月22日に即位礼正殿の儀を迎えますね。

折角のご即位の機会だからと皇室動画を創ったりしていましたが


せっかくだから子供に皇室関係の体験をさせたいという事で鵜飼を観に行きました。

まず観光施設で申し込みして予約。
時間がきたら突撃!

19.10.19 鵜飼02

船が出たらこんな感じです。
スタート直後は川が浅いので出発した時はガリガリ底を石に擦りながら進みます。過酷ですね。
船にトイレもありました。

19.10.19 鵜飼03

船から岐阜城も観れます。

19.10.19 鵜飼04

船のガイドさんが鵜飼の歴史などを語ってくれます。
話がめっちゃ面白い。子供も興味を持って聞いていました。
あまり詳しく書くと商売を邪魔しちゃうので詳しく聞きたい方は船に乗りましょう!

又はHPとか見るといいのかな。
https://www.ukai-gifucity.jp/Ukai/
http://www.kunaicho.go.jp/culture/ukai/ukai.html

で、説明を聞いていると

・鵜飼は夜行う
・昼は観覧のみ

kencow006
折角見に来たのに鵜飼鑑賞ではなく長良川観光になってしまったぞ…!!
それはそれでいいんだけど…
よし、夜も乗ろう!!


19.10.19 鵜飼05

いやー昼の景色、長良川の風は最高でしたが夜も風情がありますよ。

19.10.19 鵜飼06

一旦屋形船が集まった後、鵜飼鑑賞。
鵜匠さんの姿がこんな感じ↓

19.10.19 鵜飼07

夜寝てる鮎を松明の光や船を叩いた音で起こし、動くと魚が光るのでそれを鵜がパクッと加えるそうです。
松明の火はこの距離でもメッチャ熱い。
鵜匠さん過酷な作業環境です。

ちなみに鵜匠さんも男系男子しか継げないそうです。
ガイドさんに聞いてみましたが女系論は出てないようです。笑われました。


19.10.19 鵜飼08

上記の様に複数の屋形船から鵜飼の姿を見る事が出来ます。
取れた鮎は皇室に献上するんだとか。
遠くにおられる陛下が口にされるとは、何だか不思議な感じですが鵜飼は1300年も続いているそうです。

1300年前へのタイムトラベルが大人3,400円とは安い!

伝統文化に触れ、日本を誇りに想う気持ちが高まるのを感じました。

チャンネル登録お願いします

↑このページのトップヘ