アメリカがヒューストンの領事館を閉鎖した事でから
このままエスカレートしていくとヤバい!戦争前夜だ!と百田尚樹先生と門田隆将さんが警鐘を鳴らしておられました。
kencowくん009

====================================
【DHC】2020/7/28(火) 百田尚樹×門田隆将×居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=zTNqwRIAqeg

4:42

072_01_百田尚樹先生
百田尚樹)
本当に世界は危機的状況やね

064_01_居島一平
居島一平)
もうアメリカと中国の総領事館今度は封鎖合戦

百田尚樹)
このお互い制裁制裁でエスカレートしていった先はどうなるかっちゅう話ですよ
これねどっちかが引かんと

居島一平)
おはようございます(門田さんが入室)
米中のね、もう…

百田尚樹)
そう、エラい事やで米中…

門田隆将)
エラい事になりましたね
戦争前夜でね

百田尚樹)
もう本当戦争前夜やで

居島一平)
一触即発何て言う様な形容じゃちょっと済まない…

百田尚樹)
そうね本当にもうお互いが領事館を封鎖し合うって言うのは僕は
もうこれハッキリ言って戦争直前やね

5:24
====================================

前夜と言う言葉を使い、明日にも開戦するかもと危機感を訴えていました。
さてここでアメリカと言えばトランプ当選を的中したあの方ですので見解をご紹介します。
イラスト

====================================
【DHC】2020/7/31(金) 藤井厳喜×山田吉彦×居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=QE6NWhvZscE

1:44:15

078_01_藤井厳喜
藤井厳喜)
これで僕はちょっと意外だったのはね
このアメリカがヒューストンの領事館を閉鎖するって言ったらですね
ちょっとパニック的な反応を見せた日本人が多かったんですよね


064_01_居島一平
居島一平)
ほう

藤井厳喜)
っていうのは「これですわ米中はすぐ戦争か」とかですね
「これはもう戦争の前段階じゃないか」とかね
それをね要するに今までのイメージの戦争という事を前提に考えればそんな事はないんですね
これは今までね米中がずーっと対立関係にあるという事を知らないでいきなりこのニュースにあっちゃうと遭遇すると
「アレ、エラい事が起きてるな」ってちょっとこのパニッキーな雰囲気になっちゃうんだね
だけどずっとですねこのトランプ政権誕生してから特にこの2018年からの貿易摩擦、経済摩擦にエスカレートして
米中関係が全面的に台湾問題、香港問題等も含めてね対立がエスカレーションしてきたって事を見てると
さらに一段階これがあの緊張感が一段階上がったなというような認識ですよね
だからあまりパニック的にこういう事は考えない方がいい
それでチャイナ側ですねえ王毅外務大臣が国交樹立以来最悪だと言っているのはどういう事かと言うと
チャイナ側が非常に困っているという事ですね
これは我々からすると米中関係は今最善の状態にある訳です

居島一平)
はい、日本から見ればね

藤井厳喜)
チャイナに間接侵略を受けて
そして知的財産権なんかも取られ放題だったアメリカがそれにようやく気がついて
そしてこのヒューストンの領事館というのは
特にこの知的財産権窃盗のですね中心センターだった訳ですね
どうもこういう説があってあそこの領事館員チャイニーズですよ
これが裏切ってそしてやっている実態をアメリカにバラしたんじゃないのかと
それでアメリカ側も薄々気がついてはいたけどあそこが本当にその産業スパイのですね
メッカであるという事で一番初めにそこを閉める必要があると

1:46:34
====================================

・パニック的な反応を見せた日本人が多かった
・緊張感が一段階上がった

という事で、緊張感が高まって当事者ではない日本人がパニックになった、と解釈しました。
イラスト10なるほど

そう言えばアメリカにおられるmayomayoiさんもアメリカ人と中国人の知り合いに聞いたら開戦というニュアンスはなさそうだと仰っていましたね。動画説明欄にこの様に書いてあります。

====================================
【説明欄にNYTの記事に対する友人の評価があるのでそちらを先にご覧下さい】という訳でこの件は終わり、ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=bAPXSFPQtS0

078_29_mayo2
私の友人から、何故NYTの記事が米国の軍事攻撃を示唆していないかのコメントが届きましたので貼っておきます。文法や単語の使い方等、何となく比較できると思いますので貼っておきます。
====================================

内容についてはmayomayoiさんの動画をご確認下さい。

百田尚樹先生は過剰に警鐘を鳴らした様にも見えますが、その動機と思われる理由についてこのように仰っています。
ひー

====================================
【DHC】2020/7/28(火) 百田尚樹×門田隆将×居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=zTNqwRIAqeg

12:21

072_01_百田尚樹先生
百田尚樹)
これたまたま戦争前夜ってタイトル付けましたけど
本当に戦争前夜やと思うんですよ

064_01_居島一平
居島一平)
誇張抜きで

百田尚樹)
今一般メディアはですねそれから今日のニコ生のコメントもですね
「いやまぁ大国同士の戦争なんてそんなのないよ」と実際には戦争が起こらないと言っていますけど
これね第二次世界対戦も第一次世界対戦もね
戦争が起こるまでは戦争なんかないやろって皆思ってたんですよ
ちょっと古いですけど100年前第一次世界対戦で始まった時もですね
大戦争になる1週間前まで戦争の空気なんかなかったんですよ

12:57
====================================

私はこの事から百田尚樹先生、藤井厳喜さん両方正しいと思いました。
イラスト3

百田尚樹先生はその知名度から発言の影響力が強いです。
実際に開戦するのは100年に1回かもしれませんが「油断するな」と言わなきゃいけない立場だと思います。
開戦しなくても「予想が外れた」ではなく「何もなくて良かったね」で済みます。

藤井厳喜さんは国際政治学者ですから事実を言わなければいけません。
「緊張感が高まったのは事実だけど戦争前夜は言い過ぎだろう」と言うのが研究結果なのかと思います。

どちらか一色に染まらず両論併記した、虎ノ門ニュースは良いメディアだと思いました。

 チャンネル登録しなくていいから見てね 

<div style="text-align:center;"> スポンサードリンク
</div>