報ステ、自民世耕氏に指摘され謝罪するも朝日新聞記事は「許容範囲」と弁護【サンデイブレイク138】 より引用

https://www.youtube.com/watch?v=5MlB5aPAMP8

kencowくん009




こんばんは
だいたい日曜日の恒例サンディブレイクのお時間がやってまいりました
このサンディブレイクでは日本が誇るクオリティペーパー
朝日新聞の論調を紹介しています

さて今週の最初は15日朝刊の記事から紹介します
朝日新聞って他のまあ新聞とかテレビメディアのようにグレタさん推しなんですよ
子供を祭り上げて環境問題について書いています
15日の記事では浜松の中高生がデモ活動をやったぞーっていうのを書いていて
当然グレタさんも登場しますよね

国連環境計画の報告書によると世界の温室効果ガスは
2018年までの10年に毎年1.5%ほど増え続けた
温暖化は気温上昇や海面上昇のほか
猛暑や豪雨など気象の極端化
生態系の変化をもたらすとされる
大人たちに行動を求めるためスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは
昨夏学校をストライキして国会前に座り込みを始めた
あなたたちは子どものことを何よりも愛すると言いながら
その目の前で彼らの未来を奪っている
裏切ることを選ぶならば私たちは決して許さない
彼女の訴えは多くの人々を惹きつけ世界各地に
気候ストが広がった
9月20日の行動には世界で400万人以上が参加
(ボソッ)本当かよ
日本では名称をグローバル気候マーチと言い換えており11月29日のマーチでは約2000人が参加した
(ボソッ)これも本当かよ
日本政府は6月の閣議決定で脱炭素社会を今世紀後半のできるだけ早期に実現との方向性を示した
50年までに温室効果ガスを80%を減らすという
ただ日本が国内外で石炭火力発電所建設を進めており環境NGOなどから批判されている

温室効果ガスを減らすっていう試み3自体はいいと思うんですけど
でも各国によって事情って全然違うじゃないですか
今や人間って電気がないと全く生活することもままならないじゃないですか
今こうやってyoutubeに投稿してますけれども投稿するのも見るのも電気が必要です
テレビも同じですよね
膨大なエネルギーを使って番組を作って
で、その番組を放送するためにも電気が必要になってきます
そもそも電気って貯めておくことができませんからね
今使っている電気っていうのは今発電しています
大容量かつリーズナブルな蓄電装置
これができていけばまあ環境変わるかもしれませんけどもまだ先の話でしょう

今使う電気を今発電しているということを考えると太陽光とか風力だけでは賄えないっていうのは
よほどのアホじゃない限り分かりますよね
日本が年中白夜みたいな感じだったらそりゃまあ太陽光でもワンチャンいけるかなと
考えるかもしれないけどもそうじゃないしね

夜なんて発電できませんからね風力だって安定的に風が吹くとも限りません
今日ちょっと曇ってるんで皆さん電気止めて下さいって言うのも無理じゃないですか
そしてやっぱり工場とかもありますから産業が止まってしまうんですよね安定的な電力供給がないと

やはりベース電源として安定的な電力を供給できる施設が必要になってきます
そのための燃料をこそが石炭であり石油であり天然ガスですよ
日本の場合原発止めちゃってるじゃないですか
それであの石炭やめろって言うのと代わりにその原発動かせって主張ならまだわかるんじゃないんだけども
朝日新聞とかって両方ダメじゃないですか
どうしろっていう話ですよ

これまでも紹介してきたように朝日新聞って露骨な反原発派ですからね
今日の朝刊にもこんなものが掲載されていましたよ

最近海外では再生可能エネルギーのコストが下がり
安全対策費のかさむ原発が太刀打ちできなくなっている
吹いてくる風で風車を回し降り注ぐ日光を
太陽光パネルで受け止める再エネ発電は原発と違ってシンプルだから
普及すればするほど安くなるのだ
天候に左右されるため電力の安定供給に不安があるものの
諸外国は様々な工夫で弱点を克服している
かたや原発には事故のリスクがつきまとい
放射性廃棄物の処分という難問もなかなか解決できない
日本もそうろそろ再エネに軸足を移す潮時だ
原発の技術を失うわけにはいかないという声もある
だからといって各国がしのぎを削る再エネの技術開発やビジネスに乗り遅れていいはずはない
すでに風車や太陽光パネルの分野では日本企業は存在感を失いつつある
もう原発の新設を打ち止めにしては

指摘されているように原発にはリスクもあります
実際福島第1では大惨事になりました
ただそれを経て安全対策やってるわけですから
早く動かせと思いますよね
新設するんじゃなくてもうすでにあるんですからあるものは使った方がいいですよ

そして自然エネルギー太陽光とかいろいろありますけども
その自然エネルギーで自然を守るために自然を破壊していいのかっていう論点もありますよね
太陽光発電を大規模にやろうとするとそれだけの面積が必要になってきます
当然整地したりとかさいろいろ必要なわけじゃないですか
だからそこで環境破壊していいのかっていう話ね

さっきの記事で出てきた工夫で弱点を克服しているっていうのもどこまで克服できているのか
日本ばっかり批判されますけどこれ比率で見たらそんなにおかしくないんじゃないでしょうか

こちらは電気事業連合会のサイトに掲載されているものなんですが
各国がどういう発電をしているかという図になりますね
カナダとかプラジルは水力が突出しているんですけど
これって日本でも同じ事できるかって言ったらできないじゃないですか
地形の問題がありますから

フランスを石炭石油天然ガス少ないですが原発やりまくりっていうね
日本も再エネが増えてきてますがやっぱり限界があります
石炭石油天然ガスこれらも特性が違いますからね
バランスよくこうやっていくというのが一番重要なんじゃないでしょうか
グレタさんとかマスコミに流されて石炭完全廃止みたいなこと言ってる人は無責任すぎますよ

さて次は沖縄の話題です沖縄で話題になるといったら
やっぱり辺野古になってしまうんですよね
そういえば玉木知事って就任してから結構経ちましたけど
辺野古以外で話題聞かないですよね
辺野古以外に一体何をやってるのか
県外に住む人間からするとちょっとわかりにくいわけですよ
まあたぶんね多大な実績を残されているでしょうから
沖縄県内まあ県外でもいいですけども実績をご存知の方はコメント下さい
辺野古では土砂の投入から1年ということで今日の社説で取り上げていました

消失した首里城の復元に国が前向きなのも辺野古で県の譲歩を引き出すためなのではないかと
警戒の目が向けられる有様だ
そもそも普天間飛行場の移設は沖縄の基地負担の軽減が出発点だった
ところが辺野古の埋め立てが自己目的化し普天間が現に直面する騒音被害や
墜落の恐怖をいかに取り除くかという協議は一向に進展しない
今の計画通りでも移設工事の完成に10年以上かかる
国が力を尽くすべきは真の普天間問題の解決である沖縄の声に向き合え
土砂もろとも民意を海中に投じたあの日から1年繰り返し訴える

これはもうね移設するべきだっていうのと反移設との間の妥協ってねえ無理だと思いますよ
両方を移設することを移設しないことが完全にねこれ自体が目的化しちゃってますから
朝日もそうですけどこの移設反対派っていうのは
辺野古移設反対そして普天間基地なくせっていう立場でしょう
だけど反対活動の結果工事も遅延するし普天間を維持する活動になってしまってるんですよね
そして国の方も事前の調査が甘くて軟弱地盤っていうのが指摘されているじゃないですか
どっちもねグダグダなんですよ

結果として移設するにしてもしないにしても普天間は残り続けています
もはや普天間を維持するために両方プロレスやってるんじゃないかなって考えてしまいますよね

さて今日の最後は報道ステーションのやらかしに関する朝日新聞の報道からです
報道ステーションといえばテレビ朝日ですから朝日新聞のお仲間なんですよね
報道ステーションが一体何をやったのか桜を見る会についての報道の中で偏向報道があったと
それについて世耕参院幹事長が抗議のtweetをしましたこれが発端です

今夜の報道ステーションの切り取りはひどい
私は定例記者会見が終わったあと今日の会見が今年最後になるかもしれないという意味で
よいお年をと言っただけなのにそれを桜を見る会とからめて
問題を年越しさせようとしているかのように編集している印象操作とはこのことだ
今日の世耕の会見の総理は十分説明したというコメントと
会見終了後に今年最後の会見の可能性があるので
よいお年をといったことは時間的にも文脈的にもつながっていない
なのに報道ステーションは総理が説明したから
良いお年をという風につなげて編集している印象操作

ということですよ
このtweetがあった後にですねテレ朝側が世耕氏のところに謝罪に来たといいます
逆に考えるとこのようにtweetしなかったらテレ朝って何もしなかったでしょうね
マスコミのやりたい放題ですよ

こういうものって今ネット社会ですからしっかり抗議していくべきですよねおかしいものには
報道ステーションは翌日の放送の中で中途半端な謝罪のようなものをしました
まぁでもこれ謝罪になってないんですけどね
朝日新聞もこれをまとめて記事書いてるんですけどやっぱ擁護的な立場です

前日の放送は桜を見る会の疑惑への追求に対し
ナレーションで与党内は早くも年越しムードがあると指摘
VTRの最後に世耕氏が会見後に総理は説明できる範囲はしっかり説明したと発言した部分を紹介
続けていつまでやるんですかとの問いに笑いながらもう良いお年をというかと話す場面を流した
11日の放送の説明では良いお年をの発言は会見終了後の発言で
内容も今後の会見予定について述べたもので桜を見る会とは直接関係ない発言だったとし
富川悠太アナウンサーが放送ではその説明が十分ではありませんでしたと述べた
政治とメディアの関係に詳しい駒沢大の逢坂巌准教授は世耕氏の会見後の発言の引用については許容範囲だと指摘する
会見は終わっていたとはいえ政治家が公の場でした発言
与党が年越しムードにあることを伝える文脈では許される

説明が丁寧とかの問題というよりは朝日新聞って元々印象操作するためにやっていたとしか考えられませんよ
そして朝日新聞が連れてくる有識者のコメントがいいスパイスを添えていますよね
説明不足だとしながらも許容範囲だと擁護しています

こういうところですよね新聞社の方向性が見えてくるのって
記者が直接言うんじゃなくて朝日の思想にぴったり方向前にぴったりな有識者を連れてきて言わせるという手法です
もちろんその手法自体が悪いというわけではありません
ただ新聞てそういうことをやるので読み手側がしっかり考えないといけないんでしょうねぇ
ピーッ

サンディブレイクは今日で138回目
そして年内あと2回ありますから140回になるんですよね
今週イマイチだなっていうその新聞見ててね
イマイチだなってゆう週もあるんですが
なんだかんだねピックアップしてみるとあるんですよね
それが朝日新聞の素晴らしいところだというところで
チャンネル登録ぜひお願いします

 チャンネル登録お願いします

<div style="text-align:center;"> スポンサードリンク
</div>