小泉進次郎議員が育休"検討"とニュースになってました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190903-00000068-ann-pol

ちなみに僕は男性の育休取得については支持しています。
僕自身も取りました。
その時の事を過去に動画にしてますね。



2回も取り上げてる(笑)。

決定ではなく検討という事は、国民の反応を見てると考えられます。
まんまとその手に乗って反応したいと思います。

①奥さんが働いているなら取った方がいいと思う

滝川クリステルさんが今活躍されてるのかよくわからないのですが、
働いている或いは将来働くなら取った方がいいと思います。

kencow君の場合は奥さんも同じ業界というか、奥さんが漫画家(フリーランス)で創作を続けていたので自分がとるしかありませんでした。
フリーランスに育休ないので、サラリーマン兼業だった僕が育休を取る事になりました。

出産で女性は肉体的にも精神的にも不安定になるため、それを支えるために、一番近くにいられるように育休を取るメリットは大きいと思います。

青山議員は青山千春博士が海に出るため、新聞記者やりながら子育てしたとの事ですが、尊敬します。
僕は不器用なので働きながら子育てはどっちかが雑になってしまうと思います。

②社会的地位について

僕の場合は降格になりました。
それなりのポジションだったので仕方ないと思います。
なのでニュースで「育休取ろうとしてるんでしょ?だったら閣僚はできないよね」とありますが、それは賛成です。

育休を取る側としても「休んでるのに社会的地位を維持してる」とやっかみをうけるより、その方が気が楽です。
一応法律上は「育休取ったからってデメリットあったらだめよ」というルールがあるようですが、まだまだ浸透してない制度だから現時点ではキャリアストップがかかると思います。

これは休む期間にもよると思います。
適当に考えた例ですが2か月未満なら不問、2~6か月はキャリアストップ、半年以上は降格などでしょうか。
(僕は1年取りました)

もし閣僚等責任ある立場の人がとるなら降格して取るべきと思います。
休んでて責任取れないのに責任者であり続けるのはどうかと思います。

③家族とよく相談しよう

家族の体やメンタルを大事にするなら取った方がいいですが、社会的地位は足踏みすると思われます。
奥さまのキャリアや性格も含めて考える必要があると思います

以上、特に根拠がある訳でなく育休取った男性としての体感値です。
進次郎議員が早々に閣僚入りする事はないと思っているので、取った方がいいのでは?と思います。

CM

チャンネル登録お願いします