kencow@政治&ニュース

政治、主に青山繁晴議員や日本の尊厳と国益を護る会(略称護る会)を応援。 令和改元と同時にTwitter、ブログ、youtube始動。2020年5月5日よりpixiv始動。

〇youtube
https://www.youtube.com/channel/UCEQiUv0Z0024_2MRoUl-YNg
〇ピクシブ
https://www.pixiv.net/users/43339479
〇kencowのイラストについて
イラストデータは著作権フリーではありません。
無断利用はご遠慮ください。
似顔絵当人についてはご本人から問い合わせがあったら何らかのご対応をしたいと思いますのでご連絡ください。

数多の保守系言論チャンネルのスタイル・モデルについて(有料タイムでw)真面目に考察してみた。日本の国益。是々非々。リアリズム。|KAZUYA CHANNEL
https://www.youtube.com/watch?v=Y3v5rrUAoEk

3:12


078_06_和田 憲治2
和田憲治)
僕どの話でも是々非々だと思ってるんで
左翼の人の話でもここはいいなと思ったらいいなでいいと思うし
だからこの人が神様として絶対視するのではなくて
この人がここがダメじゃないのとか
ここはいいんじゃないの?とか
僕の番組てる人もここがいいんじゃないの?ここはダメなんじゃないの?って言ってくれたらいいと思うし
そういうふうにしないと保守ってよくならないと思うんだよね


053_03_KAZU.-笑顔jpg
KAZUYA)
そうですね個人崇拝はやっぱり良くないですよね

和田憲治)
そうそうそう

KAZUYA)
それやっぱ個人崇拝となるとやっぱ青山さんとかなっちゃうんですよね
以前もちょっと話したかもしんないんですけどだと思うんですけど
小池さんも似た系統なんですけど小池さんには信者はいないんですよ

和田憲治)
いないね

KAZUYA)
青山さんはやっぱ信者いるんですよね
信者って言うとまた怒られますけど
やっぱ狂信的な人がいて

和田憲治)
桜井誠さんに対してもまあすごい狂信的な信者っていうかね?
ファンがいると思うんだけども
バランス感覚はちょっと必要じゃないかなっていうふうには僕は

KAZUYA)
桜井さんのファンっていうのはちょっと青山さんのファンとは違うんですよ
僕はなんか桜井さんのファンの方が怖いなって思ってて

和田憲治)
そうそうTwitter上で凄い色んな所で喧嘩してるのを見て

KAZUYA)
別に何か敵対してるわけじゃないのにいきなり攻撃的に来るんですよね

和田憲治)
確かにねそうそうそう

KAZUYA)
お前はなぜ桜井を扱わないんだ
お前は反日だみたいな

和田憲治)
あるあるある(笑)

KAZUYA)
お前はやっぱり反左翼なのかみたいなのがいきなり来るので
こういう事をやってったら「あ、じゃあ桜井さん応援しよう」ってならないじゃないですか

和田憲治)
桜井さんを広めたいんだったらその桜井さんと仲良くなって欲しい人に
そういう扱いをした方がいいよね、ゆるく
よかったら桜井さんも応援してくださいよという風に言ったらいいんだけど
結構攻撃口調で結構来てるっていうのもあるし

KAZUYA)
そうですねyoutubeのコメント見てもそうだし
ツイッター見てもそうだしいきなりすごい口調で来るなっていう(笑)
でもあれでなんと言うかでもやっぱそれは桜井さんのやり方を踏襲していると思うんですよ攻撃的に

和田憲治)
攻撃的にね
だから彼のやり方でよかった部分もあったかもしれないし
言ってることはある程度同じだからね
僕らと一緒の考え方のところもかなりあるからいいんだけども
ただちょっと手法としてね
例えば旭日旗を振り回して「ワンワンワン(消音)」とか言っちゃったりとかしたら
あの映像は国際的に使われちゃって韓国側に使われて
旭日旗は「ワンワンワン(消音)」と一緒ですよっていうふうに使われちゃうんで
そういうのは僕らは反対なんですよね
だからそういう意味では支持できないんですよ、はい

5:58
=============================
8:25

KAZUYA)
このなんというかなぁ
ふわっとした言論界の現状とか考えると発信って本当に難しいなと思うんですよね

和田憲治)
そうそうそうそう
そういう意味ではKAZUYA君が地雷なかなかあんま踏まないで
生き残っていけてるっていうのすごいなぁと
僕ギリギリはみ出してる気がするんですよ(笑)
なんとか生きてますけど(笑)2、3発は分で踏んでる気がするんですよね

KAZUYA)
指ぐらいは吹っ飛んでるかもしれないですね(笑)
まあ踏んでも生えてきますからね
本来生えてこないんですけど
地雷踏んでもそこまで酷くなければ生えて来るので

9:06
=============================

kencowの感想はこちら
http://kencow.net/archives/25609144.html

 チャンネル登録しなくていいから見てね

「文部省の教科書検定人と北朝鮮の関係」に関する産経新聞の記事を取り上げなかった理由。 虎ノ門ニュースで言い忘れた事
https://www.youtube.com/watch?v=JCEC3mnAx1E

1:41


078_01_上念司
上念司)
実はですね篠原常一郎さんがご自身のyoutubeの方でこのニュースは気を付けた方がいいよという事を仰ってました
篠原さんが言ってた理由は主に2つでして一つ目はアサヒ芸能自体の取材力
あそこのジャーナリストみんな知ってるらしいんですけど篠原さんは
取材力が結構厳しくて独自に裏取ったりできないっていう事で
これ誰かが持ち込んだネタである可能性が非常に高いっていうのが一つです
2つ目、このニュースをめっちゃ拡散しているある人物がいるんですよ
その人はモロチュサッパですヒントを言うと外務省、あ、もうこれ以上言えない
モロチュサッパでその人が拡散しまくってるんで
「なんかこれあやしいなぁ」と篠原さんは思ったらしいんですね
私朝はちょっと篠原さんに連絡とって虎ノ門で今日はこれ取り上げるかも知れないけど
危ないから辞めた方がいいですよねという話をしたら早速篠原さんから今返信が来てまして
篠原さん独自ルートでこれ自分のyoutubeで言うと思うので僕は全部は言わないでおきますけど
篠原さんの独自ルートで韓国にですね
韓国側のね出元と思われるような所に情報を当てた所ですね
これはそんな情報は聞いて出しリストも存在してないとですねそういうですね回答を得ているそうです
更に篠原さんは動画の中でね仰ってましたけれども
このリストが出てきたのは例の慰安婦問題の不正会計ありますよね
不正会計を調べている時に脱北者の団体からこのリストが出てきたっていう
そういう体になってるらしいんですけど
これもちょっと普通に考えたらあり得ない話だという事で
大変不自然な情報かなという風に篠原さんも仰ってました
私はその辺を聞いてですねかつ今日は篠原さん独自に韓国側に裏とってくれて
これは違うとそんなリストは存在しないという事を得たという事
で私の中では現時点ではですね
この教科書検定員の方が北朝鮮のスパイだってねスパイリストに載ってたって話は
ガセー!という事にさせて頂きたいなと思います
じゃあなんでこんなガセネタをですねわざわざ拡散しているのかって事ですよ
これねいつも私が申し上げている事ではありますけれども
あんまりよく調べないと飛びついちゃうとね僕もたまにあるんですよ
たまにやって謝ってますけどこれ謝らないとこれがと大変な事ですからね
それちょっと置いときましてこういうの飛びついちゃって
うわーってやっちゃってしかもそれしれっとトボけたりすると何が起こるかという事ですよ
飛びつくのは仕方ない面あると思います
僕も最初はうわって思いましたからね
マジかよと思いましたけど飛びつくのは良いとして飛びついた後違ったら
やっぱこういう理由で違いました撤回しますって言っとかないと
何が起こるかというとあいつらデマ拡散しているっていうね
そういうファクトチェックなるものをやっている人たちがいますよね
そういう人たちのいいエサになってしまうと思いません?

4:33
===========================================

kencowの感想はこちら
http://kencow.net/archives/25696567.html

 チャンネル登録しなくていいから見てね

上念司氏よりニューソクをご覧の皆様へ「ニューソク辞めます」 ※コメント欄にニューソク通信社から皆様へのメッセージがございます。
https://www.youtube.com/watch?v=99UH7QxsC2w&t=265s
00:18
078_01_上念司
上念司)
まずかねてから私は自分自身を保守自由主義者と位置付けてきました
保守自由主義者とは遠い未来や過去のある時点に理想求めず現状をあるがままに受け入れ
社会を保守つまりメンテナンスしながらより良いものを目指そうとする人々の事をいいます
保守自由主義者の対義語は設計主義者です
別の呼び方では極左とか極右と呼ばれます
未来の共産主義に理想を求めたり
戦前の戦時統制を理想として社会を根本的に改造する人々
これらが極左であり極右であり設計主義者です
私は保守自由主義者です
だから現状をむやみやたらに否定しません
そうなっているからには先人たちがそう決断した理由がある
まず何故そうなったのか勉強しよう
このように考えます
この思考方法こそが保守自由主義です
これに対して現状は理想と違うと全否定し
物事の根本的な解決
ある種の革命を要求するのが極左と極右です
私から言わせればこれが二つは一卵性双生児みたいなもので
思想的に正反対のように見えて社会をいっぺんに改造したいという点では
革命主義者として全く一緒だという事になります
こういう過激思想は日本の国柄とは相容れないものです
1:46
===============================
5:59
上念司)
これが歴史的事実であります
そこで再度問います
特定の民族や国籍の人に対して殺せといった過激な主張をする事に
一体何のメリットがあるのでしょうか
またそのような過激な主張を直接間接に広める事に何のメリットがあるのでしょうか
もちろん言論の自由はいかなる人種・国籍・宗教の者にも適用されなければなりません
当然日本は自由主義国家です
しかしその言論の自由を使って過激な主張をすれば
それに反対する人々もまた対抗するために過激な手段や法による対抗措置をとります
その一つの例が保守系の皆さまに極めて評判の悪い
ヘイトスピーチ規制法や川崎市のヘイトスピーチ条例です
これらの法律や条例がターゲットにしたのは
まさに特定の民族国籍の人に対して殺せといった過激な主張をする集団です
7:06
===============================
8:04
上念司)
だからこそ過激な民族排撃思想に共感してはいけません
そして広めてもいけないんです
例えそれが選挙政見放送であったとしても
その主張を直接間接に拡散する事には大きな問題がある
保守系メディアの社会的責任においてこれらのコンプライアンスは死守しなければならない
譲れない一線だと私は考えています
是非この点についてご理解下さい
私はこれら過激思想とは一切関わりません
またその主張を広める事も一切加担しません
残念ながらニュー速通信社はそのような私の考えとは相容れない行動をとりました
私はその点について今回の動画で厳しく抗議致します
今後ニュー速通信社が本件を総括しない限り
今回をもってニュー速通信社へ動画をアップロードする事は終わりにしたいと思います
また過去の言動・行動がいわゆる保守陣営に与えた多大な負の影響への謝罪
そして左派陣営に武器を与えた反省
それらがあってはじめて議論を進める事が可能だと思います
今までニュー速通信社の私の動画をご覧頂きまして本当にありがとうございました
私からの話は以上です
9:35
===============================

kencowの感想はこちら
http://kencow.net/archives/25663654.html

 チャンネル登録お願いします 


↑このページのトップヘ